〈仙北市〉佐竹北家伝承「御狩場焼(おかりばやき)」▷狩りの場所で焼いて食べたと言われる佐竹北家伝承の味

佐竹北家伝承「御狩場焼(おかりばやき)」

狩りの場所で焼いて食べたと言われる佐竹北家伝承の味

 肉や季節の野菜を山椒味噌で調理した「御狩場焼」。300年以上前、佐竹北家の当主が家来を率いて狩猟に励んだ際、獲った鴨やキジなどの鳥類をその場でさばき、山椒味噌をつけて焼いて食したのが由来です。素材の味を香ばしい山椒味噌が引き立てる、豪快ながらも繊細な味わい。佐竹北家の野遊びを思い浮かべながら味わってみてください。

(トップ写真)佐竹北家に伝わる話から、現代に復活した味。角館町内の各店舗で食べられる。

焼く前の状態。当時は獲った鴨やキジの肉を使ったが、今は鶏肉がメイン。

佐竹北家伝承「御狩場焼(おかりばやき)」

住所仙北市角館町内の各店舗
料金店舗により異なる
お問い合わせ 仙北市観光情報センター「角館駅前蔵」
0187-54-2700

RECOMMENDあわせて読みたいおすすめ記事