秋田の良いドゴ、ゆる~ぐ行きましょ。《第13話》

ゆーでぃ

ゆーでぃ

 当記事は、秋田県内の観光地、気になるスポット、面白い場所など、わたくしゆーでぃが紹介したいと思ったスポットを、メジャーな所からマイナーな所まで、ゆる~く紹介させていただきます!

第13話、暑い夏も涼しい森の中のオアシス

今回紹介するのは、秋田市内にある数少ない滝のひとつ「伏伸の滝」をご紹介。ちなみに最初は読み方が分からなかったのだが、“フノシの滝”と読む。秋田市中心部からも40分と意外に近く、ちょっと涼みたいと思ったときにも丁度良い距離なので、とても魅力的なスポット!

場所は秋田市河辺の端っこ、太平山の裏側を目指します。今回紹介する滝の近くに「へそ公園」があるので、そこを目印にレッツゴー♪

主要道路から曲がると、ドンドンと森の中に入っていくが、途中にも看板があるので分かりやすい。

到着すると駐車場と公衆トイレがあり、車から降りて目的地を目指す…。

川に沿って続く道をしばらく歩く…川の水が綺麗で緑も濃い!

そのままさらに川沿いを歩いていく…。森の熊さんが出てきそうな中、ビクビクしながら滝を目指す。

最初に到着したのは「殿渕」。川にかかる橋から覗くと数十mほどの高さがあり、下に見える川は結構な深さがある。

そして到着したのが、目的地の「伏伸の滝」。勢い良く流れ出た水は、長年の流れによって作られた階段で切り返しながら落ちていた。

滝の目の前まで行くと水しぶきが気持ちいい! 体中にマイナスイオンが染み渡る。

(この1枚の後、苔に足を滑らせて、カメラを持ったまま滝つぼに落ちるところでした。気を付けて…。)

これからの季節は梅雨が明けて、猛暑の日々が続くと思いますが、休日は大自然の中で美味しい空気を吸いにいってみたらどうですか!?

ちなみに、足も入れやすいので、ちょっとした水遊びにも!

RECOMMENDあわせて読みたいおすすめ記事