ラーメンを食べて被災地支援を! 人気5店舗で2月4日(日)にチャリティーイベント開催

写真上段左から「稲庭中華そば秋田本店」、「Ramen Ao」、「八橋食堂」、下段左から「湯の台食堂」、「NOODLE SHOP 香味亭」。

去る1月22日、秋田市の「稲庭中華そば秋田本店」で、能登半島地震復興支援チャリティーイベントを開催。
県内の人気ラーメン店「稲庭中華そば秋田本店」(秋田市)、「Ramen Ao」(秋田市)、「八橋食堂」(秋田市)、「NOODLE SHOP 香味亭」(横手市)の4店舗が集結し、石川県にあるラーメン店「麺屋大河」の人気メニュー「味噌らーめん」をオマージュしたラーメンを提供した。
当日は各店のファンや被災地を応援したい人々がお店に続々と訪れ、15時前には完売するほどの盛況ぶり。

1日限りのチャリティーイベントの予定だったが、さらなる被災地支援のためにと、
2月4日(日)に上記4店舗+「湯の台食堂」(にかほ市)で、再度チャリティーイベントを開催することが決定!

「麺屋大河」の味噌ダレを使用し、各店のスープや麺と組み合わせた当日限りの味噌ラーメンを提供予定。
一杯1,000円で、売り上げの全額が復興支援として寄付される。
人気店の店主が腕を振るう至極のコラボラーメンを味わって、能登半島地震の被災地を応援しよう!

1月22日に提供された「石川県復興支援! 味噌ラーメン」をご紹介

1月22日に提供された「石川県復興支援! 味噌ラーメン」1,000円。

写真は1月22日に提供された「石川県復興支援! 味噌ラーメン」。
麺屋大河の「味噌らーめん」をオマージュした一杯は、味噌スープの芳醇な香りとコクに、青のりやおろし生姜、柚子の爽やかさがアクセントに。
秋田とのコラボを象徴するかのようにトッピングされた「いぶりがっこ」のスモーキーな香りが驚くほど味噌とマッチして、麺をすする箸が止まらず。見事にKK(完飲完食)を決めました。

2月4日(日)は、美味しいラーメンを食べて復興支援!
営業時間や駐車場情報などは、各店のSNSで確認してね。

RECOMMENDあわせて読みたいおすすめ記事