裏・取材にっき。 vol.14

Tommy

Tommy

あきたタウン情報 編集部のTommyです。
気づけば、編集の仕事に携わってついに10年目を迎えました。
このコラムでは、日々の取材で感じたことや、編集という仕事の面白さなどを、徒然に書いていきます。
それでは「裏・取材にっき」vol.14のはじまり、はじまり。

誰か食欲の止め方を知っている方はいませんか!

夏、そう、薄着の季節。
秋田はここ数日、全国放送でも名前が挙がるくらいの猛暑日が続いていましたね。
さらに我が社は工事中のため、クーラーもあまり稼働できず、熱気ムンムン。
そんな環境の中においても、一切の夏バテをすることなく、私は日々、美味しいものを心ゆくまで堪能しています(ちょっとはバテたいお年頃)。
そこで今回は、私が食べて美味しかったお店のメニューをご紹介♪(2019年調べ)
仕事もSNS映えも何もかもを取っ払って、本当に好きなもの&オススメだけをピックアップします。
皆さん、夏バテに負けず、美味しいものを食べて食べて食べ尽くして、
令和元年の夏を満喫しましょう!

エントリーNo.1/大館市「花善」の「鶏めし出汁茶漬け」

友人と大館十ノ瀬藤の郷に藤の花を観に行った時のこと。
大館駅向かいにある「花善」でランチを食べるべくお店に入り、
いつもなら「鶏めし御膳」を注文するところですが、
そこまでお腹が空いていなかったため、初めて「鶏めし出汁茶漬け」をオーダー。
しかしながら提供を待つ間、(甘めの鶏めしに、果たして出汁は合うものなのか…?)なんて心配していました。
今ならそんな自分、殴りたい。

食べた瞬間、サラリと喉を通る出汁と鶏めしの旨み…!
友人と「旨い!旨い!!(感涙)」と大絶賛しながら、あっという間に完食。
私に至っては、出汁の一滴すらも残さぬ勢い。
次に行く時も、また出汁茶漬けを頼んでしまうでしょう…(うっとり)。
あの感動をぜひ皆さんに味わっていただきたい。直営店のすごさ、ここに極まれり。

エントリーNo.2/秋田市民市場内「伊藤」の「そのまんま冷やし」

なーつがくーれば思い出すー♪
そう、私にとって、夏は「冷やし中華はじめました」ではなく、
「そのまんま冷やしの時期が来ました」(※年中提供していますよ!)。
暑い、冷たい麺が食べたい、でも素麺はもう飽きた…。
「そうだ、そのまんま冷やしを食べに行こう!」と、秋田市民市場へ。
連れて行った主人(伊藤に初来店)は、「何だそのネーミング」と驚いていましたが、
この!ネーミングだからこそ!絶対に忘れない&毎年食べたくなるんでしょうが〜〜〜っ!!

写真の通り、とってもシンプルな盛り付けなんですが、だからこそ酢を効かせた焼き干しベースのスープと細麺の美味しさが際立つというものです。
食べればわかる、旨いやつやん。
これから何回食べにいけるか、楽しみだなぁ♡(もう2回は行きました)

エントリーNo.3/秋田市大町「やきとり安さん」の「若鶏」

普段、焼き鳥は塩派の私。
それでも、これだけはどうしてもタレで食べたい!というメニューに出逢う時が。
それがまさに、「安さん」の若鶏なわけです、はい。

絶妙な焼き加減で提供される若鶏は、ふっくらジューシー。
ちまちまと箸で取り分けても良いんだけれど、やっぱりひとくち目はガブリといきたい!
20代の頃だったら、「それはちょっと恥ずかしい…」な〜んて思ったかもしれないけれど、今の私は無敵です(恥じらいがなくなったとも言える)。
両手で掴んで思い切りかぶりつくと、
香ばしく甘じょっぱいタレが肉汁と口いっぱいに広がって…あぁ、幸せ。こりゃあレモンサワーがススムわ。
寒くなると登場するおでんも、また格別…その時は日本酒と合わせたい(じゅるり)。

エントリーNo.4/エリアなかいち内「88バル」の「いぶりがっこのはいった大人のポテトサラダ 厚切りベーコンのせ」

夜のお店をもう一軒。
オシャレなお店で飲みたいな…。そんな時によく利用するのが、エリアなかいち内にある「88バル」さん。
アヒージョやカルパッチョなどオシャレなメニューが充実しつつも、
しょっつるおでんやお茶漬けなど、和風のメニューも揃っていて、
和洋両方を楽しみたい欲張り女子にはピッタリのお店なんです♪
友だちとのお店選びで、「私は洋食気分」「私は和食!」なんて意見がわかれた時は、ぜひ訪れてほしい。
そうして、思い思いに食べたいものを食べたら良いと思う。
年々、「何でもいいよ♡」という友だちよりも
「あーでこーでこうが良い!」というワガママ、いや、リクエストが多い友人が増えてきた私がオススメしますよ。

話がそれました…私が必ずオーダーするのが、写真の大人のポテサラ!
刻んだいぶりがっこが入っていて、カリポリとした食感と燻香にお酒が止まりません。
ちびちびつまんで、気づけばペロリと平らげてしまう。
ポテサラ、恐ろしい子…!(カロリー的な意味で)

エントリーNo.5/秋田市八橋「盛」の「ニラレバー炒め定食」

ここはもう、誰もが知る繁盛店。
そんなお店を出してくるなんて…と、思われる方もいるかもしれません。
でもね、それでも紹介したい。だって美味しいんだもん…!

子ども舌だった私がレバーを食べられるようになったのも、このお店のおかげ。
最初は「麻婆豆腐」ばかり注文していましたが、あまりにも周囲で食べている人のニラレバ率が高く、一度食べてみるかと決意。
恐る恐るレバーを口に含むと、「あれ、臭くない」と驚き。
聞けば周囲でも、「レバーは食べられないけど、盛のニラレバは食べられる」という人が多くいました。
そのくらい鮮度が高く、臭みがないんですよね。
そうして通い続けるうち、気づけば麻婆豆腐を頼む頻度を、ニラレバが超えていき…。
今では、すっかりレバニラバーに♡
人生って、不思議なものですね…。 あぁ、写真を見ただけで食べたくなってきた。

**********
ちなみに今回紹介したお店は、どこも仕事を通して知ったお店ばかり。
職業柄、たくさんの飲食店に通っているからこそ、「ここは今度〇〇と来たいなぁ」「このメニュー、美味しそう!」と思った時は、忘れないようにメモしていたりします。
そのおかげもあって、プライベートでも食事が充実しているのかもしれません。
そうして、身体も大きくなっていくんですけどね…(遠い目)。

「裏・取材にっき。」と言えるかわからない内容になりましたが(苦笑)、
自分が美味しいと思ったものを食べてもらって、感動を分かち合えるのはうれしいことですよね♪
またネタがなくなったら(おい)、第2弾を書くかもしれません。ではでは。

RECOMMENDあわせて読みたいおすすめ記事