バク転チャレンジvol.6

2019.04.08コラム
とみはし

とみはし

私に足りないもの?

バク転に必要な要素かつ、私に足りないものの一つが「勢い」。勢いよく腕を振り上げると同時に、勢いよくジャンプするのがコツだとか。
その勢いを養うための練習がこちら。

座って、足元に跳び箱をセット
そして後ろにバターンと倒れる

手を振り上げて後ろにバターンと倒れると共に、足で跳び箱の頭を遠くへキック! (ちなみにこの跳び箱、アテネ五輪体操男子団体金メダルメンバーの米田功さんが手掛けたものなんです。体操ファンとしてはテンションが上がるー!)

先生曰く、ポイントは日頃の恨みを晴らさんとばかりの思いで臨むこと! そのため、通称「恨み」。

しかし、私はこれも苦手…倒れた時の音も、飛ばす距離も、先生の半分くらいしかいかないのでは? 「恨みが足りないねぇー」とよく言われています…笑
そして、反対にものすごい勢いを見せるのが、一緒に練習している、男の子3人を育てるママさん。スパーン! と気持ちのいい音と共に、どこまでも遠くへ飛んでゆくボックス…!

あまりの違いに、「何でそんなにー!?」と聞いたら、

「日頃のダンナと子どもへの鬱憤が溜まっているからねー!」

あははー! と笑い飛ばしていました。なるほど、母は強し。もしかして、私に足りないのは人生経験…!??

RECOMMENDあわせて読みたいおすすめ記事