歴史をつなぐ連絡橋が4月9日開通、秋田城跡を再発見しよう!

 最北の古代城柵が、最先端技術で蘇る!

日本最北の古代城柵で、国の指定史跡「秋田城」。4月9日には、資料館と史跡公園を結ぶ「連絡橋」が開通し、「秋田城AR・VR」の配信もスタート。ぜひ足を運んでみて。

連絡橋開通

資料館と公園をつなぐ18.6mの連絡橋がついに完成

通称・旧国道で分断された、秋田城跡史跡の西側にある資料館と、東側にある史跡公園を結ぶ歩道橋「連絡橋」が完成。

4月9日、完成記念式典で穂積志秋田市長と小学生らがセレモニーを行い、終了後から18.6mの橋を誰でも自由に渡れるようになった。

「連絡橋完成は感慨。多くの人に利用してほしい。また、AR・VRもぜひご活用を」と、歴史資料館事務長・岡部さん。

時間:4月9日11:00から通行開始 
場所:秋田城跡歴史資料館、秋田城跡史跡公園間
料金:横断自由(無料)

秋田城跡史跡公園 AR・VRスポット

古代の秋田城の姿をスマホなどで体験できる♪

VRポイントをめぐると、兵士や蝦夷に出会える!

4月9日、園内にAR(拡張現実)・VR(仮想現実)体験スポットが登場!  スマホなどにアプリをダウンロードして各スポットへ行くと、CGで再現された秋田城にタイムトリップ。奈良時代そこにいた人物と疑似的に会話して、秋田城への理解を深められる。

実際にアプリを使った高清水小学校6年生児童代表は、「秋田城がCGで再現されていて、スゴイ。学校のみんなでやってみたい。たくさんの人に秋田城の歴史を知って欲しいと思いました。」とARやVRを楽しみながら体験していた。

AR(拡張現実)
スマホなどのカメラ機能を使い、画面上に仮想の建物などが出現する。

VR(仮想現実)
現実に近い映像の仮想空間が、パソコンやカメラなどの画面に再現される。

時間:常時公開(年中入園可) ※4月9日からアプリ公開中
場所:秋田城跡史跡公園
料金:入園無料、アプリ/ダウンロード無料
   ※携帯タブレット無料貸出(資料館で受付)

秋田城とは?

史実に基づいてCGで再現された秋田城。建物や塀が、ARやVRで蘇る。

昭和14年、国の史跡に指定された「秋田城」(昭和53年追加指定)。

奈良時代・天平5年(733年)、秋田村高清水岡に遷された大規模な地方官庁で、当時は「出羽柵(いではのき)」という名称だった。秋田城と改称されたのは、天平宝字4年(760年)頃。以降、平安時代中期・10世紀中頃まで、政治・軍事・文化の中心地として栄えた。蝦夷の人々が暮らしていた東北各地に、同じように造られた律令国家の地方官庁の遺構は「古代城柵(じょうさく)」と呼ばれ、秋田城はその最北に位置。大陸との外交窓口でもあり、当時の国家にとって重要な場所だった。

秋田市立秋田城跡歴史資料館で配布中!

資料館で配布中の「秋田城ARカード」。アプリを起動し、カードを読み取ると目の前に立体画像が現れる。

〈政治・軍事・文化の中心〉秋田城で発掘されたお宝大集合!

全国初の赤外線カメラでの解読体験や珍しい遺物などの見学を楽しもう

2016年にオープンした資料館。

館内には、秋田城の発掘調査で出土した、貴重な遺物や資料の数々を展示。漆紙文書や木簡に書かれた文字を、赤外線カメラを用いて解読できる全国初登場の体験コーナーも人気が高い。史跡公園巡りをより楽しめるので、散策前にぜひ立ち寄ってみて。

非鉄製小札甲
和同開珎銀銭

平安時代最新鋭の武具「非鉄製小札甲」(左)や、希少な「和同開珎銀銭」(右)など、発掘されたお宝を展示。

秋田市立秋田城跡歴史資料館

住所秋田県秋田市寺内焼山9-6
TEL018-845-1837
営業時間9:00〜16:30
定休日無休
※年末年始は休み 
料金大人210円、年間観覧券310円、高校生以下無料
HPhttps://www.city.akita.lg.jp/kanko/kanrenshisetsu/1003616/index.html

RECOMMENDあわせて読みたいおすすめ記事