わらび座ミュージカル Run! 与次郎! -秋田国造り外伝-▷〈与次郎伝説〉をモチーフに、飛脚となって走り抜く男の物語

わらび座ミュージカル Run! 与次郎! -秋田国造り外伝-

〈与次郎伝説〉をモチーフに、飛脚となって走り抜く男の物語

左から、佐々木亜美(カエデ役)、三重野葵(与次郎役)、
保坂未来(渋江政光役)、白井晴菜(岩瀬姫役)。

 12月14日(土)から、秋田市にぎわい交流館AUで、わらび座の新作ミュージカル「Run! 与次郎! ー秋田国造り外伝ー」を上演。秋田に伝わる〈与次郎伝説〉をモチーフに、秋田の運命と愛を背負い、狐となって羽州街道を駆け抜けた男の物語を描く。物語の鍵を握るキャスト4人に、見どころをインタビュー!

脚本を初めて見た時の感想は

三重野 秋田の皆さんと子どもたちにとって、誇れる作品になるんじゃないかと思いました。街が出来上がっていく物語なので、秋田市の具体的な名称がたくさん出るんですよ。寺町とか鉄砲町とか楢山とか…住んでいる人たちにはうれしいんじゃないかな。

白井 私の演じる岩瀬姫は感情が激しくて、どう演じようか悩みました。でも、殿(佐竹義宣公)を本当に愛している女性で、やりがいがあって楽しそうだなと。

保坂 秋田のために力を尽くした、義宣公の家臣を演じます。男役なので、自分が想像する〈男性の格好良さ〉を演じられたらと思いました。

佐々木 ストーリーが温かくて、出てくる人々は良い人ばかり。登場人物すべてを応援したくなる作品です。

本作の見どころは

 僕は主人公・与次郎の一役なんですが、彼女たちは三役ずつ。それぞれ大事な役で、どう七変化するのかは見どころですね。与次郎は伝説を元にした〈飛脚〉なんですが、僕は高校時代、陸上部と駅伝部のキャプテンをやっていたので、走ることが特技。どう演出で使われるか観ていただけるとうれしいです。

上演への意気込みをお願いします

 感情を揺さぶられる場面が多く出てくるので、舞台に没頭していただけたら。

作品自体に秋田への愛がつまっていると思います。たくさんの方々に見ていただけるとうれしいです。

さまざまな要素に溢れた作品なので、笑って泣いて楽しんでください!

 改めて秋田が好きになると思います。秋田が歩んできた歴史について、与次郎たちが教えてくれるはずです。

わらび座ミュージカル Run! 与次郎! -秋田国造り外伝-

開催日12月14日(土)〜12月22日(日)、2020年1月15日(水)〜26日(日)
住所秋田市にぎわい交流館AU 3F多目的ホール
料金一般/前売3,500円
小・中学生/1,500円
(当日は各+500円)
※全席自由、各税込
お問い合わせ わらび座劇場事業本部
0187-44-3332
HPhttps://www.warabi.jp/yojiro/
時間や定休日などホームページで確認を

RECOMMENDあわせて読みたいおすすめ記事