〈にかほ市〉掛魚まつり▷10kg以上の鱈を担いで歩き神社に奉納 名物の鱈汁も販売

掛魚まつり

10kg以上の鱈を担いで歩き神社に奉納 名物の鱈汁も販売

荒縄に吊り下げられた寒鱈。別名「鱈まつり」とも呼ばれ、全国的に知られる奇祭の一つ。

掛魚(かけよ)とは、漁師が氏神様にお供えする魚のこと。大きいもので10kg以上ある寒鱈を担いで旧金浦町内を歩き、海上安全と豊漁を願って金浦山神社に奉納する、350年以上続く祭りです。勢至公園エニワン前では、熱々の鱈汁や特産品、加工品の販売を行っています。岐阜県大垣市からの出店や、鱈汁を食べると参加できる抽選会も開催!

棒に吊るした10kg以上の寒鱈を、二人がかりで担いで町内を歩く。

掛魚まつり

開催日2/4(火) 10:00〜13:00
料金鱈汁500円(限定500杯)
お問い合わせ にかほ市観光協会
0184-43-6608
場所鱈奉納/金浦山神社 
鱈汁コーナー/勢至公園エニワン前

RECOMMENDあわせて読みたいおすすめ記事