〈藤里町〉秋田県無形文化財民俗芸能 藤琴豊作踊り ▷伝統を受け継ぐ郷土芸能 白神の麓で騎馬武者が激しく舞う

秋田県無形文化財民俗芸能 藤琴豊作踊り

伝統を受け継ぐ郷土芸能 白神の麓で騎馬武者が激しく舞う

7日(土)の宵祭の駒踊り。夜、明かりが灯 された寺の境内で踊りを繰り広げる。

 大名行列をかた どった武者、槍持ち、棒持ち、はさ箱、獅子などが町内を練り歩き、各場所で踊りを披露する祭り。駒踊りは出陣 の様子や合戦直前の荒ぶり、合戦で奮戦するさまを演舞します。

 約400年前、秋田 藩主佐竹候が水戸からのお国替えの際、主君の道中の退屈を慰める家 中の道中芸が源と伝えられており、熱量ある伝統芸能は圧巻です。

8日(日)の本祭の獅子舞。3人1組で呼吸を 合わせ、勇壮かつ雅な舞を披露する。

秋田県無形文化財民俗芸能 藤琴豊作踊り

開催日9/7(土)・8(日) 8:45〜21:00
料金観覧無料
場所宝昌寺、三世代交流館前、藤琴商店街、浅間神社ほか
問い合わせ藤里町商工観光課 
0185-79-2115

RECOMMENDあわせて読みたいおすすめ記事