サップチャレンジ!

2019.09.20コラム
とみはし

とみはし

9連休だった弊社のお盆休み。
同僚のふじこちゃん、かえるちゃんと、何かやりたいね〜ってことで、サップをしてきました! もちろん人生初サップ。というか、海自体が久しぶりすぎる。行く前は大騒ぎでした。何を着ればいい? 水着なんて数年着ていないよ? どれくらい濡れるの? というか、絶対に濡れたくない。けれど、イメージがまるでつかない。

結論:水着にTシャツ。濡れます。
写真を撮りたい人は、防水のケース必須!

今回行ったのは、岩城にあるglassyさん。

ステキ古民家でウォーターアクティビティや民泊ができます。え〜、絶対楽しい…! サップやってそのまま畳でお昼寝したい…! 海に向かうときは、青い扉をくぐるんですよ。扉の向こうは海! わ〜、テンション上がる〜! 写真を撮ったけれど、実際には適わない。これはぜひ、自分の目で確かめてみてください。ウォーターアクティビティは10月下旬頃まで体験できるとか。9月25日発売のあきたタウン情報10月号でも、民泊について紹介しているのでお楽しみに♪(ネタバレ)

さて、サップですが。
初めは立ち膝の状態で、慣れてきたらゆっくり立ちます。カヌーの時もだったけれど、思った以上の安定感! 浮力がすごい。波が穏やかだったので、移動がしやすかったです。足がつかないような深い所は怖いと思っていたけれど、サップと足をつないでいるのでちょっと安心。そしてもちろん、スタッフが付いてくれます。

慣れてくると、調子に乗ってこんなことまで。サップヨガ(風)。

なかなかに雰囲気出てません?

結局、腰から上は絶対に濡らさないと決めていたのに、あっという間に自ら濡れに行きました。あの宣言はどこへ。ビート板みたいに捕まって浮かぶの、超気持ちいい! そして、最終的に頭からずぶ濡れに。いやね、別で遊びに来ていたカナダ人が私たちの方へ泳いで来まして。なぜか急に「こんなに素晴らしいサップをこの人にも体験してほしい!」と思い、「ヘイ、スタンダップ!」と2人で一緒に立とうとしたところ、見事にひっくり返りました。かえるちゃん曰く、まるで映画のワンシーンのようだった、と。溺れたかと思った…鼻に水が入って苦しい感じをこの歳で味わうとは…。調子に乗りすぎてはいけません。

これはまだ落ちる前。私の格好、何だろう?笑

意外だったのが、普段運動をしていないというふじこちゃんが、一番安定感があって操作も上手かったこと! かえるちゃんはマラソン、私はバク転を練習しているのに…! そして彼女はラッシュガードを着用の上、海には決して浸からず。絶対に焼けない、濡れないという強い意思をひしひしと感じました。

あ〜、遊んだ。濡れた。はしゃいだ。楽しかった〜。帰りに道の駅で食べたかき氷が、この夏一番美味しかったです。コレコレ、この普通のがいいんだよ!

カヌーにサップに、何だか夏を満喫しているような? 持つべきものは良き友ですね。

RECOMMENDあわせて読みたいおすすめ記事