新型1,000ccSUV「Rocky(ロッキー)」が登場! イオンモール秋田&大曲で出張商談会も開催♪

新自由SUV「Rocky(ロッキー)」

コンパクトなサイズとアクティブなデザインが印象的なSUVが発売開始

『新自由SUV』
これまでのクルマづくりをゼロから見直し、ダイハツが創り上げた新しい時代のSUV、DNGA(※1)小型車第一号「ロッキー」。さまざまなフィールドを自分らしく楽しみ尽くしたい。そんなアクティブな気持ちをどこまでも広げていく。

一般的なSUVよりもひと回り小さいサイズのため、レジャーから買い物まで、オンロードからオフロードまで、使い勝手の良い1台となっている。男性だけではなく、女性でも乗りこなしやすいコンパクトな車体と広い室内空間、クラス最高の燃費率(※2)を誇っている。また、1,000ccターボエンジンを搭載し、各グレードに4WDモデルを設けている。5ナンバーとして維持費を抑え、パワフルな性能は嬉しいポイント。

ロッキーのこんなところがスゴい!

小回りの利くコンパクトなサイズと広い室内空間

プラットフォームから新開発することで、大きなタイヤでも充分な切れ角を確保。軽自動車を基点としたDNGA(※1)だからこそ、コンパクトなボディサイズと広い室内空間、高い積載性を両立している。

ホールド性が高く疲れにくいシートは、大人2人がゆったりと座れる快適な室内空間を実現している。

大容量ラゲージによる広い荷室空間

最大荷室長755mm、荷室容量369Lにもなる広いトランクルームは、キャンプなどのレジャーから、日常の買い物にも大活躍!

さらに、2段可変式デッキボードは、用途に合わせて組み替えれば上記写真のように、自由なレイアウトで使うことができる。荷室の使い方の幅が広がるだろう。

新開発の4WD

さまざまな路面に対応する走りを追求した「ダイナミックトルクコントロール4WD」を採用。走行状態や路面状況を検知し、前後輪の駆動力を制御することで、安定した走行性能を実現する。

クラスナンバー1の低燃費

WLTCモード(※3)で18.6km/L、JC08モードで23.4km/L(2WD/CVTのXグレード、Lグレードの場合)を実現し、クラス最高の低燃費(※2)となった。

他にも、誰もが安心して運転ができるように予防安全性能「次世代スマートアシスト」を搭載。さらに、対応車載機を装備することにより、ドライバーをサポートする機能や車内でWiFi使用が可能となる「ダイハツコネクトサービス」も注目ポイント!

各クラス、4WDモデルあり/5人乗り/1000cc

Premium(2WD/CVT) 2,200,000円(税込)
G (2WD/CVT) 2,002,000円(税込)
X (2WD/CVT)1,848,000円(税込)
L (2WD/CVT)1,705,000円(税込)

※1. Daihatsu New Global Architecture「良品廉価」「最小単位を極める」「先進技術をみんなのものに」の考え方。

※2.  1.5L以下のコンパクトSUV(ガソリン車)クラス。JC08モード測定時。2019年11月現在。ダイハツ調べ。

※3.  WLTCモードは、市街地、郊外、高速道路の各走行モードを平均的な使用時間配分で構成した国際的な走行モード。

 

ロッキーも登場する商談イベント!

11月30日にイオンモール秋田/12月14日&15日にイオンモール大曲にて、「秋田ダイハツ出張商談会」を開催!

11月30日(土)10:00~17:00「イオンモール秋田 1Fセントラルコート」、12月14日(土)・15日(日)10:00~17:00「イオンモール大曲 1F稲穂の広場」にて、【秋田ダイハツ出張商談会】を開催!

※写真は前回商談会の様子

新型ロッキーのほか、人気のダイハツ車を用意しているので、ぜひ会場を訪れて、見て、触って、乗って、ご体感を!

RECOMMENDあわせて読みたいおすすめ記事