怖い浮世絵展▷思わずゾッとする〈怖い〉浮世絵を

怖い浮世絵展

思わずゾッとする〈怖い〉浮世絵を

歌川国芳「相馬の古内裏・滝夜叉姫と大骸骨」

 江戸時代末期に巻き起こった怪談ブーム。浮世絵師の豊かな想像力で、恐ろしくおどろおどろしい怪異たちの姿が描き出された浮世絵を展示する「怖い浮世絵展」が、秋田県立美術館で開催される。葛飾北斎や歌川広重、月岡芳年など、各時代を代表する浮世絵師の作品を紹介するので、この夏ぜひ。

怖い浮世絵展

開催日開催期間/7月10日(土)〜9月5日(日) 10:00〜18:00(最終入館17:30)
住所秋田県立美術館 3Fギャラリー
料金当日券/一般1,000円、高校・大学生800円、中学生以下無料
プレイガイド/カフェ光風、さきがけニュースカフェ、チケットぴあ(Pコード:685-625)、
ローソンチケット(Lコード:21930)、ほか
お問い合わせ 秋田県立美術館
018-853-8686

RECOMMENDあわせて読みたいおすすめ記事