〈羽後町〉西馬音内盆踊り ▷踊り手と囃子方、かがり火が繰り広げる夢幻の世界

西馬音内盆踊り

踊り手と囃子方、かがり火が繰り広げる夢幻の世界

踊りには、優雅な動きの「音頭」と、亡者踊 りの側面を持つ「がんけ」の2種類がある。

 700年以上の歴史を有する とされる、国指定の無形民俗 文化財「西馬音内盆踊り」。に ぎやかで野趣あふれるお囃子 と、流れるように優雅な踊り が、対照的な芸術性を生み出 します。編み笠や彦三(ひこさ) 頭巾で顔を隠した踊り姿は怪し さを感じさせ、先祖と一体にな って踊る“亡者踊り”とも称され る所以に。日暮れから深夜に かけて、3日間踊り続けます。

お囃子は、盆踊り会館の2Fにせり出した櫓 の上で演奏する。

西馬音内盆踊り

開催日8/16(金)〜18(日)  19:30〜23:00 
※最終日は〜23:30
料金観覧無料、有料席あり(2,000円〜)、駐車場1台1,000円
場所羽後町西馬音内本町通り
問い合わせ羽後町企画商工課 
0183-62-2111

RECOMMENDあわせて読みたいおすすめ記事