先輩からのおすそわけ

先日、編集部の先輩から「良かったらふじこのコラムで使って〜」と、梅シロップをいただきました!

炭酸水で4倍程度に薄めて飲むと、甘酸っぱくて美味し〜い♡
スッキリと爽やかな味わいで、お風呂上がりに何杯もおかわりしちゃいました。
青梅と氷砂糖にリンゴ酢を加えることで、やわらかい酸味の梅シロップに仕上がるそうです。

この梅シロップを使ってアレンジドリンクを作ったのですが、忘れてはいけないのがブルーマロウのリベンジ。

大失敗に終わったvol.17はコチラ↓

今回使ったのは、この間失敗したブルーマロウよりも、色が出やすいバタフライピー(妥協じゃないよ)。

「バタフライピー」とは、熱帯地域に生息するマメ科の植物。
この植物を使ったハーブティーにはアントシアニンが多く含まれ、目の疲労回復や視力回復、美肌効果、アンチエイジング効果などが期待できるそうです。

バタフライピーの花
レモングラスとバタフライピーをミックスした、ハーブティーの茶葉

ティーバッグをカップに入れて、熱湯を注ぐと…
青い花の天然色素によって、お茶が鮮やかなコバルトブルーに!

レモングラスの爽やかな香りが心地良い♡
しっかり色がついているのに、拍子抜けするほど味が薄く、ハーブティー独特のクセはまったくありませんでした。

このバタフライピーティー、通常は青色をしていますが、レモンを入れると色が変化するんです!

その様子がコチラ↓

レモン汁をカップに加えると、一瞬で紫色に!
柑橘系の果汁に含まれるクエン酸が、アントシアニンと化学反応を起こして、色が変化するのだとか。
見た目にも華やかで、パーティなどで出しても盛り上がりそう!

ということで今回は、いただいた梅シロップと、バタフライピーティーを使ったアレンジドリンクをご紹介します!

「バタフライピー梅ソーダ」

【材料】(2人前)
・バタフライピーティーのティーバッグ 1個
・熱湯 200ml
・レモン汁 少々
・粉ゼラチン 5g
・梅シロップ 70ml
・炭酸水 300ml

【作り方】
1.ティーバッグをカップに入れて熱湯を注ぐ。
2.十分に色が出たら、半分だけ別のカップに移す。
3.片方のカップにレモン汁を加え、青色・紫色のバタフライピーティーを作る。
4.それぞれのカップに粉ゼラチンを2.5gずつ入れて溶かす。
5.4を四角い容器に移し、冷蔵庫で冷やして固める。
6.固まったゼリーを1口大にカットしてグラスに入れる。
7.6に梅シロップを注ぎ、炭酸水で割る。

透き通る青紫が美しい、さっぱりとした梅ジュース。
ぷるぷるのゼリーと一緒に味わうと、レモン風味でさらに爽やかに!

「めちゃめちゃキレイ! 宝石みたい〜!」なんて、無駄に下から携帯のライトを当てちゃったりなんかして、思う存分楽しんでからいただきました(笑)。

今回使ったティーバッグはコチラ

「The Garden Tea」(2g×10個入り)

イオンモール秋田内にある「カルディコーヒーファーム」で購入した「The Garden Tea」。
レモングラスと、乾燥させたバタフライピーの花をミックスしたハーブティーで、夏場は水出しで飲むのもオススメです!

色が変わる魔法のようなお茶を使って、楽しいおうちカフェタイムはいかがですか?

RECOMMENDあわせて読みたいおすすめ記事