おうちカフェはじめましたvol.14

ふじこ

ふじこ

あぁ〜暑い…(心の叫び)。
仕事中に、近くの球場から高校野球の応援が聞こえてくると
「夏だな~」と感じます。

学生時代吹奏楽部だった私は、野球応援は大好きだったのですが、
日焼けが嫌。とにかく嫌。何よりも嫌。
日焼け止めを塗りたくった肌に帽子、日傘、バスタオル、アームカバー、長袖長ズボンと万全の状態で臨み、
「お前やる気あんのか」なんて叱られたものです。

まぁそんな思い出話はさておき、紫外線は女性にとって永遠の敵ですよね。

夏のイベントシーズン、
屋外で楽しんだ後にくっきりと付いた日焼け跡を見て絶望したくない!

もちろん日焼け止めはマストアイテムですが、
紫外線のダメージ予防には、内側からのケアも大切ですよ。

今回ご紹介するのは、「飲む日焼け止め」とも言われているあの食材を使ったスムージー。

「トマトスムージー」

〈材料〉(2人前)
・ミニトマト 1パック
・ピンクグレープフルーツ 1/2個
・パイナップルスライス 2〜3枚
・ハチミツ 適量
・塩 少々
・氷 適量

〈作り方〉
1.ミニトマトを洗って、半分に切る。
2.グレープフルーツをよく洗い、半分にして果肉をスプーンでくり抜き、果汁も絞る。
3.パイナップルスライスを一口大に切る。
4.材料を全てミキサーに入れて撹拌する。

フレッシュトマトをそのまま使ったスムージー。
今回はグレープフルーツやパインの果肉も加えて、爽やかな味わいに仕上げました。

ハチミツがグレープフルーツの苦味をなくし、
ちょっぴり加えた塩が、トマトの甘みを引き立てます。

トマトに含まれるリコピンには強い抗酸化作用があり、
紫外線により酸化に傾く肌を、抗酸化作用により食い止めてくれるんだとか!

さらにリコピンにはシミをできにくくする効果もあるそうで、
トマトジュースを飲んでおくと、体の内側から日焼け対策をすることができるのです。

時間のない朝でもパパッと作れて、楽に栄養補給&紫外線対策ができちゃいますね◎

今回使ったトマトはコチラ

大仙市にある、秋田農販が栽培している「恋ベリー」。

ハート型のトマトベリーという品種のミニトマトで、
一般的なトマトに比べて糖度が高く、肉厚な食感が楽しめます。

トマト特有の苦味や青臭さがほとんどなく、その味わいはまるでフルーツ♡

夏場は県内のタカヤナギのスーパーに並んでいますが、
数量限定なので、ない場合もしばしば…。
欲しい方はお早めに〜!!

いつもの紫外線対策にプラスして、
トマトスムージーで美肌を目指しましょう~!

RECOMMENDあわせて読みたいおすすめ記事