秋田の良いドゴ、ゆる~ぐ行きましょ。《第6話》

ゆーでぃ

ゆーでぃ

 当記事は、秋田県内の観光地、気になるスポット、面白い場所など、わたくしゆーでぃが紹介したいと思ったスポットを、メジャーな所からマイナーな所まで、ゆる~く紹介させていただきます!

第6話、峠越えの前に目覚めの一杯をいただきたい!

 長道のドライブを何時間も続けていると、さすがに眠くなってくる…。そんな時に、眠気覚ましの何かあればな~と思う。

 今回紹介するのは、名前を聞いただけで覚醒しそうな湧き水「目覚めの水」。

 嘘だろうと思うネーミングですが、本当にあるんです。

しっかりと管理された湧き水。右上の看板には大きく「目覚めの水」と書かれていた。 交通安全の神様として祀られ、 事故が多かったのが名付け理由だという。

場所は湯沢市にあり、秋田県と宮城県を結ぶ国道108号(鬼首峠)の途中にある五叉路公園にある。秋ノ宮に入る手前にあるので、峠を越える前の休憩地点としてはベストポイント。

看板には名前の由来が。 「目覚めの水」は、交通安全の神様(龍神社)として祀られている。

秋田県湯沢市はジオパークに指定されている自然豊かなエリア。近くの栗駒山などの山から湧き出る水は、ミネラルたっぷり。

流れ出る水量もすごい勢い! 雪が溶け出したひゃっこい(冷たい)湧き水が美味しい。これは目が覚めるな~。

これだけ勢いがあると、ペットボトルやタンクもすぐ満杯になるので、水汲みには最適な湧き水。

「目覚めの水」をゲット! 長距離ドライブの前に目を覚まし、運転に気を付けましょう!

近くには秋ノ宮温泉郷を通る役内川が流れています。奥に見えるのは奥羽山脈の「神室山」。ちなみに、この撮影場所は秋田県で、山が見える場所は山形県、道をさらに進むと宮城県と、3県を示す面白い位置関係。

また次回をお楽しみに!

RECOMMENDあわせて読みたいおすすめ記事